OLも副業所得が20万円を超える場合確定申告が必要

OLも副業所得が20万円を超える場合確定申告が必要

サラリーマン・OLという方々でも、確定申告と向きあう必要があるケースがあります。

OLでも確定申告を支払いしなければならない

OLとして会社で仕事をしている方々でも、例えば、高額収入の方やマンション・アパート経営をしている場合には、所得の額によって、確定申告をしなければならないケースが出てきます。

更に、病気やケガで入院・治療したという方々も、 医療費が10万円を超えてしまったという場合において、確定申告によって、 医療費控除とすることが出来ます。

2000万円を超えている場合

OLの方々が、確定申告をしなければならないケースは、 給与収入が2000万円を超えている場合です。あまりそのようなことはないのかもしれませんが。

更に、2ヵ所以上の会社から給与をもらっている場合にも、確定申告が必要となります。

医療費控除、雑損控除などを受ける場合、 更に、住宅ローン控除をはじめて受けるとき、更に、会社を退職してまだ再就職ということにも至っておらず、 年末調整を受けていないケースは確定申告の対象です。

ふるさと納税の納付先自治体が6ヵ所以上という場合でも、確定申告が必要です。

更に、ライブチャットのチャットレディーの仕事をしている人たちは、 配当所得や不動産所得などの副業所得が20万円を超える場合確定申告をしなければならないという項目にあてはまるでしょう。