HOME

チャットレディーは確定申告・税金と向きあう必要がある!!

ライブチャットのチャットレディーで、ガッツリお金を稼いだら、今度は、確定申告、税金問題を考えていかなければなりません。

チャットレディーの仕事をしている人の中には、「確定申告」って何?と思っている方も多いのではないでしょうか。

まさにお仕事をする人たちに必見の項目です!

チャットレディにとっての確定申告とは

そもそも確定申告が何かわからないケースも決して珍しい訳ではありません。

一度二度程度確定申告の名前を聞くものの、直接関わったことがないという人たちも多かったのではないでしょうか。

確定申告とは、毎年2月から3月になるとどこかで一度は聞こえてくる言葉です。その頃、結構焦って確定申告と向きあっている方々も大勢いますね。

税金に対しての手続きと言えば、OLの方々は、「年末調整」として向きあっていることでしょう。確定申告は、それと似たようなものですが、違いがあります。

ずばり、確定申告とは、チャットレディーの仕事で所得があれば、 それに対してかかる税金(所得税、復興特別所得税)の額を計算して支払いするための手続きをすることです。

ライブチャットのチャットレディーの仕事でも所得があれば当然確定申告が必要になります。

確定申告のルール

確定申告の方法についてお話ししましょう。所得の計算期間は1月1日から12月31日の1年間としています。

確定申告書と決算書などの必要書類を揃えて、例えば今年であれば、2019年2月18日(月)から3月15日(金)に申告、納税を行う必要があります。

場合によっては、確定申告をすることで、いままで多く収めていた税金が戻ってくることもあるでしょう。(還付申告)

どのような人たちが確定申告をしなければならないか

果たして、どのような人たちが確定申告をしなければならないのでしょうか。

給与所得があった人が確定申告の必要があり、サラリーマン、OLの方々でも確定申告が必要なケースはあります。

更に、配当所得、 不動産所得、個人事業主たちの事業所得もそうです。

退職所得、 譲渡所得というものも確定申告の対象であり、 一時所得、更に、山林所得も確定申告の対象です。

あと、年金、副業での所得も、雑所得として申告対象になります。

チャットレディは税金を納めなくても大丈夫?

チャットレディーの副業は、ひょっとしたら、確定申告なんてしなくても大丈夫という気持ちもどこかにあるかもしれないですよね。

しかし、そのようなモチベーションでは、いつかバレてしまった時には、 「加算税」や「延滞税」がプラスされて、せっかくお金を稼いだというのにかなり痛い目にあってしまうかもしれませんので、呉々も注意したほうがいいでしょう。

「私は、確定申告のことがわからなかった」というのもおそらく言い訳になんて出来ないでしょう。

ライブチャットのチャットレディーという仕事は、結構お金を稼ぐことが出来る仕事なので、確定申告・税金の問題まで、スタートするときに含めてルール、ノウハウについて知っておく必要があります。

いろいろ、チャットレディーの仕事にも覚えなければならないルールがありますが、そちらばかり意識がいって一生懸命頑張ろうと思っている人たちが多いですよね。したがって結構、ここの部分は無視されているケースが多くあります。

税務署も税金のことは「何も言って来ないから大丈夫」という安易な気持ちをお持ちの方々も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、税務署は、そのような安易な気持ちでいる女性たちをも決して見逃すことはありません。

まだまだ、ライブチャットのチャットレディーの税金の問題は、これだけで済んではおりませんので、次の項目で更に詳しくアドバイスをしましょう。つまり、みなさんが一番注意しなければならないのはココです。
チャットレディ求人に応募して高収入稼いでも税金対策支援のあるRosemary【ローズマリー】なら確定申告もスムーズになります。